FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きょうは、実家に帰ってきたおはなし。


前回お話したように、飛行機で実家に帰省しました


パグとちんも一緒。


まずは羽田まで移動。



1



カート操作に蛇行犬2匹。


骨が折れるというのはこういうことである。


イライラしすぎて、アバラ3本くらい折れた。





羽田に到着~ 


日常生活レベルだと、電車で多摩から羽田すでに長旅である。







2_20111024233825.jpg




手荷物預けて、ペットは搭乗30分前。ギリギリまで一緒にいます。


外にトイレ散歩。



3



荒れ果てていて、お気に召さない様子。


ペットも喜ぶ散歩コース IN 羽田情報求む。


しばらくして、カウンターへ。


我が家はバリケン持ってないので、貸してもらいます。


やや危険な香りはしますが


一応消毒済みのラベルは貼られています。



RIMG3453.jpg



ウチはANAしか乗せたことないですが、ANAは、1ゲージ幾ら。


ウチの路線は5,000円


詰めれるだけ詰めてもいいらしいです。


はじめての時は、パニックでパグがちんを食い殺す可能性があったので


ゲージ別々にしましたが、どうやら一緒の方がおちつくらしい。


よって、いつもLサイズに一緒。ナカヨシ。




4



この時点でかなりキュンキュン始まり、心が痛む。


必死に出ようとするちんと、売り飛ばされるのではという心配が頭をよぎるパグ。




5


ペットは貨物扱いですが、気温、気圧ともに客室と一緒にしてあるらしい。


しかし電気はなく真っ暗だし、騒音もあり、たぶん恐怖の1時間。


すでに、かなり不安な様子がみてとれて、その姿を見るとかわいそうで、


トトロと二人、心が折れそうになる。





後ろ髪をひかれる思いでカートとともに、パグとちんを預けた私たち。


『なんか身軽』


と、折れた心、瞬間治癒。


貨物にいるであろう二匹の事を心配しつつも


滑走路から飛び立つ前に熟睡し始めたワタシとトトロ。






到着した空港でお迎え。


遠くからでもわが子だとわかるキュンキュンうるさいバリケンがやってきた。





10




緑の網されてた。ホカクされてた。


かなり興奮してるものの、やはり回数を重ねるごとに慣れていくものですね。


初めのころは、パグは狂ってしまったかとおもったし


ちんは水たまりができるほど、ヨダレをたらしていました。


それを考えると、心の痛みは軽減されます。


ANAに関しては、鼻ペチャは7月~9月末までは搭乗不可なので、この時期、待ってました。


きっと帰りも大丈夫。



母上がお迎えにきてくれ、いざ実家へ。




RIMG3494.jpg



疲れたねー。さっそくおさんぽいこうね。


我がふるさとは、驚くほど田舎なので、緑の多さは多摩どころではない。


そこで、飛行機に乗せられた行き場のない怒りをぶつけるちん。




RIMG3460.jpg



牛にみえなくもない。




誰かの芝生をちょっくら拝借。




RIMG3465.jpg



仕事の疲れが残る体でダッシュのトトロ。


緑は人を元気にします。





7



あとは若いふたりに任せるトトロ。



いつも芝生風雑草で遊んでるパグとちん。



6



違いのわかるオトコです。




ねー、イッパイ走ってたのしかったネ。




8




それはよかった。





パグは



9




こちらも違いのわかるオトコです。




家に帰ると


誰よりも注目されていたいパグは


父上と母上にまっ先にかまってほしいのに





13



宿敵、孫。しかも初孫。勝ち目ナシ。



パグ、同化して気を引いてみる。




11



パグ、直訴。




12



でも誰かが、パグの尻尾はカワイイと思ってるらしい。




そんなライバルが最近からはじめた離乳食のお時間。


15



皆にカワイイといわれ、それを複雑な気持ちで見つめる傍観者。




RIMG3524.jpg



傍観者、其の二。







RIMG3527.jpg



しかし、そこにあるのは (ヒトクチクレ) という純粋な気持ちだけ。



父上と母上にないがしろにされてるのではと心配なパグとちん。


父上がもってきてくれたBAGを漁るパグ。




16




よく見ると、『よもだま』 という文字が。


そう、帰省者憧れの専用BAGです。


ちゃんと用意してくれてる優しさにパグ、折れた心、治癒。




14




でも私は知っている。


パグとちんのタオルが人間様と一緒にならないように、区別する手立てだということ。


よもぎ けだま と書くのが面倒で、よもだま と省略していること。


しかし、父上と母上は、変わらず、かわいがってくれているということ。


滞在は、まだまだ続きます






にほんブログ村 犬ブログ パグへ
 相変わらず分離不安なパグ。引っ越し直後の悪夢、再来。 
 ↑1日1回 ポチッとおねがいします。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yomodama.blog136.fc2.com/tb.php/180-99f865fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。